運動能力に関わる脊柱管狭窄症の治療と原因

肩こり

腎臓と機能障害

医者

腎臓病の症状としては倦怠感や高血圧、血尿や蛋白尿があり、この症状だけでは腎臓が原因であることや医療機関に受診する行動には至りません。しかし、最近では医師が常に腎臓病の可能性をもって診療を行っています。

Read More

予防が大切

病棟

脊柱管狭窄症は、症状が悪化すると自分で歩くことが難しくなる病気です。日常生活の動作や加齢が原因となり、脊柱管の神経を圧迫することで引き起こります。万が一、発症した場合には、リハビリや薬物治療等で改善していきましょう。

Read More

症状のコントロールが重要

看護師

下血を伴う下痢と激しい腹痛が起きたら、潰瘍性大腸炎を疑いましょう。近年では患者数が増大する傾向にあり、年齢や性別に関係なくすべての世代で発症が報告されています。治療では薬による症状の寛解を目指します。

Read More

どうやって治していくか

自分の頑張りで脊柱管狭窄症の治療をすることが出来ます。病院での治療と運動を同時に行えば効果バツグンとなりますよ。

どんな症状なのか

医者

椎骨は、頚部に7つ、胸部に12個、腰部に5つあり、それらが縦に重なり合って俗にいう背骨を形成しています。その24の椎骨の真ん中は椎孔という穴になっています。従って、背骨の真ん中はの椎孔が重なり合ったトンネルの状態になっています。このトンネルがっを脊柱管と言います。そしてこの脊柱管の中を脊髄が通っています。脊柱管狭窄症は、加齢による椎骨の変形や歪み、椎骨通しを繋いでいる靭帯が肥厚する等の原因がいくつか重なって、この脊柱管の穴の大きさが小さくなり、それにより、椎骨自体や椎骨同士を繋いでいる靭帯が脊髄に触れる事で、痺れや痛み、筋力低下や感覚異常といった様々な神経症状を呈する疾患です。しかし、脊柱管が狭窄しているからと言って、狭窄している人すべてに症状が出るわけではありません。レントゲンなどの画像診断では、狭窄が確認できるが、実際にはまったく症状が出ていないおいうケースもあります。

保存療法の選択について

脊柱管狭窄症は加齢による脊柱管の変形が原因となります。従って、高齢になるほど発症率は高くなっていきます。そうなると、手術による治療は身体への負担が大きく、今後は、症状が軽度であれば、保存療法という選択も増えてくると思われます。 脊柱管狭窄症の治療は、その人の狭窄の状態にもよりますが、まず保存療法として薬物療法が選択されます。薬物療法の第一目的は消炎鎮痛と痺れの軽減です。従って、消炎鎮痛には、非ステロイド性消炎鎮痛薬や神経性疼痛緩和薬、芍薬甘草湯といった漢方薬が、痺れに対しては血流促進の薬剤がそれぞれ処方されます。これらの治療で効果が不十分な場合は、作用の異なる薬剤を用います。それでも効果が見られない場合は、硬膜外や神経根へのブロック注射による治療が選択されます。ともに痛みの伝達をブロックすることが目的ですが、神経根そのものにブロック注射をするか、脊髄を包んでいる硬膜の外にブロック注射をするかの違いがあります。腰部脊柱管狭窄症の場合は、硬膜外ブロックが良く選択されます。